〜欲求〜

欲しい!欲しいのです。実験用電源が…そんな欲求の理由は、今まで使っていた実験用電源が あまりにも非力で5V-150mAしか使えなかった。LED好きの俺にとっては、容量不足もいいとこだ! ま、ACアダプタ使ってたからしょうがないんだけど…
そんな中、ちょうどPC用のATX電源が1つ余ってるではないか!これを利用しない手は無いねぇ。 こいつを使えば、5V-20Aも使えちゃうのだ。しかも3.3Vと12Vのおまけつき!
ただ、ATX電源というやつは、ユニットの後ろについているスイッチを入れただけじゃ各端子に 電力が供給されないのよ。理由は、ソフトウェアパワー制御をするためかしら。各端子に電力を 供給するためには、マザーボードに挿すATX電源端子のPS-ON端子を制御してやる必要があるみたい。 そんな訳で、PS-ON端子を制御する簡単なスイッチを作っちゃいましょう!
〜購入〜

スイッチを作るんだけど、ATX電源のATX電源端子を直接改造しちゃうのは少々抵抗があるなぁ…と 思って、ATX電源端子用エクステンションケーブルを買ってきました。これで、この電源はPC用 に復職することも可能さ!しっかし、このケーブルがなかなか売ってないのよ。パソコン工房、DOS/V パラダイスと探し回ったけど売ってなくて、結局ヨドバシで\900で買った。高ぇ…しかも、むかつく ことに、ATX電源から出ているコードの色と全く一致しない!配線チェックしにくいじゃねぇか! しかもダサイ色使い…
ま、文句はこれくらいにして、早速回路設計(おおげさ)ぢゃ。
〜規定〜

回路設計する前に、ATX電源端子のピンアサインを紹介しましょう。これは、メスコネクタを上から 見た図だよ。+5.0Vとか+3.3Vとか見慣れた端子もあるけど、見慣れないものもあるのでちょこっと説明。 PW-OKはATX電源に正しく供給されていることを示す信号線で、正常なときはハイレベル。PS-ONはATX電源 のON/OFFを制御する信号線で、ローレベルで電源ONしまっす。+5VSBはATX電源が、PS-ONによりONになっていない 状態(スタンバイ状態)にいるときでも5Vが供給されている端子で、マザーボード上のソフトウェアパワー制御する 場合の回路に電源を供給するのさぁ〜。
Signal Name Pin Top View Pin Signal Name
+3.3V 11 1 +3.3V
-12.0V 12 2 +3.3V
GND 13 3 GND
PS-ON 14 4 +5.0V
GND 15 5 GND
GND 16 6 +5.0V
GND 17 7 GND
-5.0V (N/C) 18 8 PW-OK
+5.0V 19 9 +5V SB
+5.0V 20 10 +12.0V
〜設計〜

ATX電源のPS-ONを制御するだけなら、はっきり言ってスイッチと抵抗だけでON/OFFしても良かったかも しれない。でも、スイッチはメカニカルな素子だからチャタリングが心配…ということで、敢えてC-MOS ロジックでフリップフロップ回路を構成した。これでチャタリング防止もばっちり!C-MOSのNANDロジック を選んだのは、単にTTL NANDロジックの手持ちが無かったからだよ。だから、74LS00でもNo Ploblem! 動作としては、SW1がA側でPS-ONがハイレベル、B側でローレベルです。つまり、ATX電源の動作は、SW1が A側でOFF、B側でONという訳。OKナリかぁ〜? ついでにLEDも付けてみた。PW-OK信号線を使って、スイッチ がONになっている時Light ON!お手軽インジケータだね。
〜実験〜

基板に実装する前に、ブレッドボード上で回路を組んで実験してみた。回路図には無いけど(改版した回路図は 別用途のLEDあり)テスト用LEDを繋いで動作を確認した。このLEDは、フリップフロップの出力がハイレベルのとき 光るようにしたよ。テスタは、ATX電源の5V出力に繋がってまっす。
実験の結果は万事OK!写真にもあるように、LEDが光っている、つまりPS-ONがハイレベルのとき ATX電源から5Vは出力されない。逆にLEDが光ってない、つまりPS-ONがローレベルのとき ATX電源から5V(正確にいうと5.5Vくらいかぁ〜)がまんまと出力されちゃってますp(^o^)q
ATX電源め、マザーボードに繋がってると思い込んで動きやがったなぁ〜(そんな訳あるか!?ごめむ)
それにしてもデジタルテスター欲しい…
〜完成〜

製作にかかった時間は約1時間かな。前手作りPCを作ったときのあまったアクリル板を使って仕上げました。 なかなかいいっしょ!基板は、Y崎さんから頂いたユニバーサル基板を切って使ってます。アパートの住人、怒ってる だろうなぁ…夜中にドリルや掃除機使ったから。ま、気にする俺じゃないけど。 ATX電源コネクタまでのコードの色が黄色と黒だけでちょっと寂しいのが玉に傷。 (タイガースファンに怒られそう…)ついでに、ATX電源から5Vを取り出すときに使うミノムシクリップつきコード も作ってみたよ。いい感じに使えます。
This switch for the ATX power unit will make my electronically life more wonderful!

<<前のページにもどる